2016年6月28日火曜日

投資用資金として、月15万円の貯金をはじめます。

資産運用するにしても肝心の【資産】がない。

投資の本を読んだり、詳しい人の話を聞いたり。
いまはまだ準備段階。

これからしばらくは、投資を始めるにあたっての勉強期間になります。
その間に、自動積み立て貯金で給料天引きで【投資用】の資金として月々15万を別の口座へ移すことにします。

ちょうど良いタイミングで6月の給料あと。

25日が給料日なので、27日に引き落としがかかるように設定しました。

今月は【投資貯金】を始めたばかりなので、いままでの浪費などでクレジットカード引き落としがあり、生活費がかなりギリギリですが。

あまりにも、自分に甘い設定では、やりがいも感じられないので、15万という数字を決定しました。本当は20万位でハイスピードに投資用資金を用意したい所ですが。

給料の全体像などは公表できませんが、できれば、支出などはしっかり記していきたいのです…
それは来月からにしようと思います。


切り詰めるとしたら、食費が1番手っ取り早いですね。

明日から、お弁当生活にします。
美容のためにも、【玄米】を炊いて、冷凍してストックします。
大豆イソフラボンのたっぷり入った納豆も3パック98円というすばらしいお値段。
あと、生卵かキムチを納豆に組み合わせて…海苔で巻いて。

アボカドも1個100円程度で手に入るので、毎日美容のためにも、食べることにします。
あとは、ミス日本の食事を指導されたという『エリカ・アンギャル』さんの本に書いてあった、“毎日20粒のアーモンド”も実践していきたいと思います。

節約で適当な食事をとることで、しょぼくれた女子になるのは
本末転倒ですので(一石三鳥になりませんからね)以下の情報をもとに
節約しながらの、美容食事を心がけたいと思います。


ちょうど夏もすぐそこなので、ダイエットもかねて、きれいに引き締めていきたいと思います!





日本型食生活のキーワードは
『まごはやさしい』

「ま⇒豆」
(納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など)
「畑の肉」といわれる大豆は、良質のタンパク質、ミネラルが豊富。栄養バランスが良く、生活習慣病予防に効果的です。豆腐なら3分の1丁、納豆なら1パックを毎日食べるようにしましょう。

「ご⇒ごま」
(アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)
ごまは、タンパク質 ・脂質 ・ミネラル がたっぷり。老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化栄養素も含みます。種実類の栄養成分は、切ったり刻んだり、すりつぶして使うことで、効率よく利用できます。

「わ⇒わかめ」
(ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど)
カルシウム などのミネラルが豊富。海藻類は酢や油と組み合わせると栄養成分が効率よく摂取できます。調理に酢・柑橘類の汁・植物油を利用しましょう。

「や⇒野菜」
(ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど)
β-カロテンやビタミンC が豊富。皮膚や粘膜を健康に保ち、抵抗力を維持します。野菜は1日350g(1/3量は緑黄色野菜、2/3量は淡色野菜)が目安です。煮たり炒めたりの加熱調理でかさを減らすとたくさん食べられます。

「さ⇒さかな」
(青魚や鮭など)
あじは、DHAやEPA・タウリンが豊富で、血中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きと、疲労回復に効果があります。週に最低3食、できれば5~7食を魚料理にするとよいでしょう。

「し⇒しいたけ」
(まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど)
しいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、カルシウム を骨に定着させるのに有効です。日光に当てることで、ビタミンDの量が多くなります。きのこ類は、食物繊維やビタミン・ミネラルの宝庫です。たっぷり食べても低カロリーなので安心です。

「い⇒いも」
(じゃがいも・さつまいも ・里芋・山芋など)

炭水化物 ・糖質やビタミンC・食物繊維 が豊富です。根菜類は腸内環境を整えてくれます。

0 件のコメント:

コメントを投稿