2016年6月28日火曜日

スパの日。キャビテーションで脂肪をリンパに流す。

週に一回のスパの日。

私の通うスパは、
昼の9時から10時半までの時間以外、
22.5時間/年中無休で入浴できる
働く女性の味方。

仕事を少し早く切り上げて、
『炭酸泉』という、炭酸のお風呂へ。
お湯自体の温度は高くなくても、炭酸の効果でポカポカするので、カラダに負担なく長く入れるのがよい!

そのあと、ドライサウナで、『ヒーリング ロウリュ』
「ロウリュ」とは、アロマを含んだ水をサウナストーブにかけて蒸気を発生させ、その蒸気を団扇で仰いで香りと心地よい熱風を送ることで発汗を促すフィンランド発祥のもの。

温度を変えず、湿度を上げることによる蒸し暑さで体感温度を上げて、体に負担をかけることなく大量に発汗をすることができるそう。

大量発汗により、身体内の老廃物を取り除くことができるだけでなく、新陳代謝も活性化するので、カラダの活性化に効果があるらしい。

熱いんだけど、気持ちイイ!

そのあとは、
『キャビテーション』
70分コースで、主に脚とお腹周りをやってもらいます。

『キャビテーション』は、電流の細かい振動で脂肪を震わせ、リンパへと流すそう。
今回で、4回目。
週に一回ペースでやってもらっています。

やってもらった後は、代謝が良くなっていると同時に、吸収も良くなっているので
カロリーの無い、お水かお茶をたくさん飲みます。

そして、最後は
『溶岩浴』
岩盤浴の、岩盤が溶岩を使用しているというだけなので、入り方などは同じです。

1時間、たっぷり汗をかきます。

スパの日は、かなり大量に汗をかくので
お布団にはいったら、すぐに熟睡できます。

夏は目の前、水着をカッコ良く着こなすボディづくりは続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿