2016年7月6日水曜日

デザインのスランプはどこからくるか?

今日は曇りでどんよりしていますね

気圧の変動もあるようで、頭痛持ちのかたはお気をつけ下さい!

さて、今回のテーマ
“デザインのスランプはどこからくるか?”
です。

このテーマを掲げた、ということは
自分自身、少しスランプを感じている、ということです。
もし、今このテーマが不必要であれば、
必要になった時にお読みいただけたら、と思います。

梅雨時期や季節の変わり目は特に、スランプを感じます。

もちろん、体調の変化も影響はしてきますが
(女性であれば、毎月の中でも波は出てきたりもあるかもしれません)
それだけじゃ無いと思うのです。

デザイナーになりたかった頃
というか、まだ小さい頃は、ただ作るのが楽しかった
作る、という行為が楽しかったというのが正しい表現かもしれませんね。

手を大きく動かしてクレヨンでかいてみたり、
それを引っ掻いてみたり、
紙をびりびりと破く振動を感じたり
でんぷんノリのヒンヤリした感触を指先で感じて
紙にべたっとくっつけたり。

そういう、カラダ全体を使うこと自体が楽しかったように思えます。
なので、どんなものを作るか、など考えずに無心で作っていた気がします。

さて、デザイナーというのは、どうなのでしょう??
自分のしてみたいこと、と相手のしもらいたいこと
がピッタリはまる、という幸運なことはどのくらいあるのでしょう??

自分の感覚と経験からしか言えませんが、
デザイナーでその幸運な関係性ができているのは
ほんの一握りの数名しかいないでしょうね。

でも、自分がもし、その幸運な環境をもらえたら
何をするだろう??
とか妄想したりしちゃいますよね。

そんな妄想が浮かぶうちは、スランプではありません。
希望に満ちあふれているのですから。

スランプは、感じやすい人と感じにくい人がいるかもしれません。
そして、私は、あきらかに、感じやすい人間だと思っています。

もっとこうしていれば、という後悔も毎回のこるし
それを実現するために、もっとなんでできなかったんだ、とか
相手の言うことを聞いてみた方がよかったんじゃないか、
いやいや、相手の言うことを聞きすぎたんじゃないか。

これらは、全て【自信】からくると思うのです。
【自信】があれば、後悔なんてしないし、自分の出したことに
納得できると思うんです。

じゃあ、【自信】ってどうやったらつくんだろう…
毎日、デザインをして鍛錬を積めばいいのか…
でも、毎回すばらしいものが作れるわけでもなくって
何でこんなこともできないの?!という態度をうけたり
時間をかけても、鮮度のよいアイデアがでなかったり…
なので
ほめられることも、ほとんどない。

わぁ、すごいね!

という一言が欲しいのかもしれませんね、
それも、全然自分の【自信】のなさに気づいてない相手に。


一度、よい方向に回転しはじめたら、
どんどんいいアイデアがあふれてきちゃって
作るのが追いつかないよ〜ってくらいになる気がするんですけど

たまには、自分の親や兄弟とか
ほめてくれそうな人に自分の作ったものを見せてみて

『わぁ、すごいね!』

を存分にチャージするのはいかがでしょう???

0 件のコメント:

コメントを投稿