2016年9月12日月曜日

12歳差の恋愛。おつきあい始めました。

こんばんわTHREE BIRDSです。
さて、今まで何度か投稿してきた恋愛事情の話。

とうとう、結論がでました!
そうです、始まりました!

12歳差の恋愛です。

昨日デートをしてきました。
ピクニックデートです。

大きな公園。
今回のテーマはサイクリング!

さっそくレンタル自転車を借りて
せっかく2人でのるのだから
もちろん2人乗り自転車、タンデムです。

こぎかたに苦戦しながらも広い公園の中にある
芝生のスペースへ。

そこで、レジャーシートを広げながらの
ピクニックランチ。
サンドイッチとおにぎり。
ただただそれだけなのに
なんでも楽しいんです!
おいしいんです!
こういうことなんですね、恋愛って。

おなかいっぱいになったら、お昼寝…
木陰でのんびり。。。

これって幸せな時間です。
こういうことがしたかったんです。

ちょっぴり周りを気にしてきょろきょろしながら
チュッなんて、したりして…
なんていい休日なんだろう!!

完全に年齢差を忘れて、高校生の頃のような気持ち。
ステキなひとに会えただけで幸せだな〜と。

でも、今日は、4回目のデート。

私たちってどういう関係なんだろう…とはっきりさせたい。
けど、自分からは何にも聞けない…

そんな気持ちもよぎりながら夕方まで公園を散歩しました。

夜ご飯は、彼の友だちがバイトしているという
お店を予約してくれていたので、そこへ。

わざわざ予約してくれてたのも、とってもうれしい!


でも、そこでも、聞けない私たちの関係。。
結局、デートも終わりの時間。

次に会う約束はしたけど肝心の言葉は聞けない。

ましてや自分からは言えない!

葛藤しながらも、帰りました。
帰りの電車の中で
モヤモヤが大きくなって
自分の最寄り駅からの帰り道
『帰り道が怖いから電話してもいい?』
とメールしてみました。

そしたら、彼から電話がかかってきて
『夜道、大丈夫??家に着くまで話してよう!』
と。
やさしいなぁ
けど、私は、はっきり聞きたい言葉があるんだなぁ
と、また葛藤がはじまり
今日の楽しかった話をしていたら
後ろから
「おい、〇〇(彼の名前)〜」
「今日、□□(今日行ってた公園)行ってたのかよ〜」
と数人の男子の声が。

彼は、数人の男友だちと飲んでいるようで…

その中電話をくれたんですね。
で、友だちたちは当然、酔っぱらっているので
電話の会話に入りたがり…
とうとう、私と彼と彼の友だち数人と話している状態に!

そしたら、なんか、やっぱり聞けないな…と思って
その友だち達と楽しく話していたのですが

「〇〇(彼の名前)のどこが好きなんですか?」
とか
「おい、〇〇!彼女のどこか好きかここで今いえよ!」
とか

そういう流れになって、彼も、私の好きなところを言わされたりして
少しうれしくなっていたら

「こんな、〇〇みたいなヤツが彼氏でいいんですか〜??笑」

って友だちに言われて
あれ?彼氏?ってことになっているのかな…?!
友だちには、彼女ってことになってるんだ…!

と。

はっきり、彼の口から聞けなかったのですが
今度会うときに、タイミングがあったら
そこのところ彼の口から聞きたい!と思いました。

ということで、どうやら今日から彼女、ということになりました!


また、ひきつづき報告いたいます。
また、年下で歳の差恋愛している方がいたら
共感してくれるような、ハプニング、悩みなども
今後起きてくるかもしれません!
もし、経験有る方いらっしゃいましたら、コメント欄に
ぜひコメントいただけたら、心づよい!です。

それでは、また!

0 件のコメント:

コメントを投稿